ふだんのケアが大切!簡単に出来る虫歯予防

>

フッ素の虫歯予防効果とは?

フッ素って虫歯予防に効果があるの?

ずばり、答えはイエスです。
フッ素とはそもそも元素です。
理科の勉強で「スイヘーリーベーボクノフネ」と言いながら覚えたあれですね。
あの9番目の「フ」がフッ素というわけです。
そして、フッ素はイワシ、海藻、塩、みそなどの食品や調味料にも含まれています。
フッ素を歯に塗ることでフッ素が歯のエナメル質に作用して、虫歯菌をバリアすると言われています。
また。歯を溶かす原因である酸に対して強い歯を作ることができます。
さらに、フッ素は虫歯予防に有効なだけでなく、初期の虫歯を修復してくれる力も持っています。
フッ素って、すごいですね。
フッ素というと子供が歯医者さんで塗布してもらうものというイメージがありますが、最近では大人のデンタルケアにもフッ素が有効だということが分かってきました。
フッ素を上手に取り入れて、虫歯を予防していきたいですね。

フッ素入りデンタルケア製品の上手な使い方

歯磨き粉の場合は歯ブラシの長さ程度に出し、全部の歯にフッ素が行き届くように丁寧に磨いてください。
磨く時間はおよそ3分が理想です。
そして、せっかく塗ったフッ素がお水と一緒に流れ出してしまわないように、ブクブクうがいは少量のお水で多くても3回に留めるようにしてください。
また、効果を持続させるためには歯磨きの後2時間は食事をとらないようにすると良いともいわれています。
もちろん、1回だけの使用では不十分ですから、食事の後、就寝前の一日4回は歯磨きをするように心がけ、フッ素を常に口内に留めておくようにしましょう。
そして、フッ素を塗ったからといって虫歯を完全に防ぐことは出来ませんから、甘いものを食べ過ぎないなどの食生活に注意することも大切です。
以前は、フッ素は体に悪いと言われたこともあるようですが、歯磨き粉に入っているぐらいの量であれば、全く問題はありません。


TOPへ戻る