ふだんのケアが大切!簡単に出来る虫歯予防

>

キシリトールで虫歯予防

キシリトールって何で出来ているの?

キシリトールはイチゴやホウレン草などの食品にも含まれ、私たちの体内でも作られている天然の甘味料です。
人工で作られたキシリトールも、1997年に厚生労働省により安全な人工甘味料であるとお墨付きをもらっています。
甘味の強さは砂糖と同じですが、カロリーは砂糖よりも25%も低く、糖尿病の方が摂取しても影響がないとされています。
キシリトールは虫歯の原因になる酸を作らせない、歯垢の形成を防ぐ、歯垢を歯につきにくくするなどの多くのメリットがあります。
北欧ではキシリトールが虫歯予防に有効であるとの考えから、小さいころからキシリトール入りのガムをかむ習慣があります。
日本でも最近では、ガム以外にもタブレットや飴など、キシリトール入りの製品がたくさん販売されています。

キシリトールを使った正しいデンタルケア

キシリトール配合のガムは、まずよく噛むことが大切です。
普通のガムは噛んでいて味がなくなるとすぐに捨ててしまいますよね。
しかし、キシリトールガムは噛みまくることで効果が表れてきます。
甘味を感じなくなっても捨てずに、頑張って噛み続けましょう。
市販の物よりも、歯医者さん用のガムのほうがキシリトールの含有率が高いため、効果を実感したい方は歯科用に開発されたガムを購入することをお勧めします。
お値段は市販の物よりも少し高めですが、虫歯になって歯医者さんに通うことを考えたらむしろ安いと言えるかもしれません。
歯科用のガムもネットで購入できますから、気になる方は調べてみてください。
ただ、キシリトールを摂取するとおなかが痛くなる、おなかが張るという症状が出る方もいらっしゃるようです。
体調不良や違和感を感じた場合は使用を中止されるほうが良いでしょう。


TOPへ戻る